第十二回美し国三重市町対抗駅伝


三重県のスポーツの大イベントである美し国市町対抗駅伝が本日快晴の下、開催されました。14市15町の自治体が競い合う県民が大変盛り上がる大会であります。8時45分に県庁をスタートして新しくなった伊勢の競技場までの42,195キロメートルを10人のランナーがたすきを繋ぎます。
我が玉丸城太鼓も毎年応援をしており今年も14人で駆け付けました。ナカミチ駐車場では、豚汁やぜんざいの振る舞いでたいへん賑わっていました。
白バイの先導で選手が走って来ると大きな声援が飛び交います。太鼓にも力が入る瞬間であります。今年は総合優勝が桑名市のチームでありました。町の部の優勝は川越町でなんと5連覇だそうです。凄いですね。そして私は初めて見たのですが補欠の選手たちの友好レースが競技場で行われました。みんな頑張ってましたよ 

コメントをどうぞ