20年間の歩み パート1

少し飛んでしまったけど・・・

当初は特にプロの指導者が、いたわけではないから姿勢、撥の持ち方

が我流だったね。初披露の写真を見るとなんと不細工なことか・・・

だって皆が初めてだから・・・今のように経験のある先輩がいないから

それから暫くして吉村城太郎先生とめぐり会うんだけど・・・

今までの練習は何だったのと思うくらい、全然違ったね、例えば

立ち方、視線の位置など・・慣れるまで大変だったことを思い出す。

それから初めての曲が仕上がってきて、嬉しいやら難しいやらで

これまた大変だったね。それから2曲目、3曲目と作調して頂き少し

太鼓衆らしくなってきたかな・・・

コメントをどうぞ